返信


2916.11一05
投稿者/Allah
投稿日/2015/11/21 18:44
ホスト/192.168.1.109
 中学生の自殺の件、こころの授業に
書いています。あなたの思う所を
書いて下さい。私と同じ思いでなく
ても良いですよ。
 
2917.RE:11一05
投稿者/トシャール
投稿日/2015/11/21 20:12
ホスト/fl1-119-240-56-51.fks.mesh.ad.jp
 テレビで父親の会見をみたときに素で思ったのは、普通にたんたんとした、感じで話し。本当にこころからの息子の死に対しての思いとか、悲しみや、つらさ、痛みとか、そのことへの、声なき訴えなど、そのような思いが出たりする、伝わるものが、ほとんどなかったのをTVでみてて思いました。

悪質なイジメもよくないですが。
アル様のこころの授業に書いてくださった内容を読んで、ただ、うなずくばかりでした。

2918.RE:11ー05
投稿者/サダシン
投稿日/2015/11/22 23:09
ホスト/i153-144-0-161.s41.a033.ap.plala.or.jp
 なぜそんなにすくに死を選んでしまうのか。
アル様の心の授業でなるほどと思い、そのとうりと思います。
親の愛情があれば、どんな事も乗り越えられるものと、感じました。
親に感謝です。

2919.RE:11一05
投稿者/あゆみ
投稿日/2015/11/22 23:37
ホスト/130js171.omn.ne.jp
 父親があまりに淡々としており、またその発言内容に言い知れない気持ち悪さを感じたのを覚えております。

自分の子供が死んでしまった原因は何であったのか何故知ろうとしない、知りたいと思わないのかと思いました。親子であるのにここまで無関心かと。

自殺した子供は仮に自分の悩みを父親に訴えたとしても、助けてもらえない、気にかけてもらえないと感じ取っていたのではないかとすら思いました。

2920.RE:11一05
投稿者/カナミン
投稿日/2015/11/24 00:08
ホスト/180-197-12-21.nagoya1.commufa.jp
 会見を見た時、私とは正反対の発言に違和感を覚えました。どう見ても子を亡くした親のようには見みえませんでした。
「愛の反対は憎しみではない。無関心だ。」と、いう言葉が浮かびました。子供は愛情のない環境で育てられ、絶望の中で死を選択したと思うと心が痛みます。

2921.RE:11一05
投稿者/たっくん
投稿日/2015/11/24 14:53
ホスト/130js171.omn.ne.jp
 自分が親の立場であったならばと考えた際、初めに思う内容は「誰が我が子をいじめたのか」ではないだろうかと思います。犯人捜しをするつもりはないという内容の発言があったようですが、子供への情が感じられないというのが私個人としての正直な感想です。

しばしば、何々をしても何も変わらない(泣いても何も変わらない等)という内容の、型通りの説教のような言葉を耳にします。今回の事例で言うならば、いじめた人間を特定しても子供が帰って来る訳でもない、という言い回しになるかと思われます。
しかし、泣いている人間は何かしらの悲しさや苦しさ等で泣いているのであって、泣けば何かが変わると思って理由付けの為に義務的に涙を流している訳ではないのではないでしょうか。子供が帰って来るからいじめた人間を特定する、帰って来ないから何もしない、というのではなく、親として我が子が受けたであろう仕打ちに対する憤りがあっても良いのではないかと思えてなりません。その後、落ち着いて考え親としての己を振り返り、そこに至るまで何も気付いてあげられず、そうなる環境を作り出したのが自分だったのだろうかという己の愚かしさに、自責の念が湧いてくるものではないのでしょうか。

死ぬ勇気があるなら他に何かできた筈だ等の言葉を耳にしますが、そこにあるのは勇気ではなく、考え得る手段を全て講じた上で最終的に自ら死を選ぶより他にないという思考ではないでしょうか。十代前半の若さでそこまで思う程に追い詰められ、(親も含めて)恐らく周囲の誰にも頼れず、どれ程に苦痛の日々だっただろうかと思います。

記者会見の父親の姿を見ましたが、(一部だけ見て全てを判断しようというつもりはないものの)家族を自殺で失ったばかりの人間の在り方とは思えません。無機質で事務的で、不気味さを覚えます。これが人間の「無関心」がもたらした結果なのだろうかと感じました。

2922.RE:11一05
投稿者/Allah
投稿日/2015/11/25 18:53
ホスト/192.168.1.109
 皆さんの反応がいたって正しいことに安心できます。
自殺した子供は、苦しいからと自殺して苦しさから
逃れようとしたのでしょうが、ほとんどの人間が、
とる行動は同じですね。そして、地獄に来て見て、
人間が、発言する内容もまた、全くいつも同じです。

それを、みなさんに伝えます。自殺した人間は、
こう言います。自殺したら死が自分をこの苦しみ
から救ってくれるものと思っていましたが、
自殺したら、今まで以上の苦しみが私に来ました
自殺するのは間違いだったとね。

これが、自殺したら人の言う決まった台詞です。

死は、人間を苦しみから解き放つものではありません。

それは、私が釈迦のときにも、キリストの時にも
人間たちに伝えています。死は人生の終わりでは
ないからです。死は人間を霊体に変えるだけです。
みなさんが受ける苦しみは、人間の時に受ける
苦しみの数倍の高さの苦しみとなります。さらに、
自殺という行為により、地獄行きとなりますので
別の予想を遥かに超える苦しみが待っています。
それでも、自殺を選びますか?ということですね。

だから、生きているときに、宗教と馬鹿にはでき
ませんね。死後の話の真実は、人間が、妄信する
科学は、与えて、教えてくれません。宗教しか
真実を教えてはいません。

だから、人間は、みな、死んでビックリするよね。
こんなはずではなかったとね。政治家であった、
金持ちであった、有名人であった、のに、なぜ、
死後は通用しない、とね、驚くんだよ。金も、
科学も、政治家も、一切通用しない。通用するのは
徳の高さ、神であることのみ。
これが真実ですね。


2923.RE:11
投稿者/サダシン
投稿日/2015/11/25 23:04
ホスト/i153-144-0-161.s41.a033.ap.plala.or.jp
 アル様御法話ありがとうございます。
それから、霊的治療、浄霊、ありがとうございました。苦しくて大変でしたが、すっかり楽になりました。
ダメージ回復まで、気をつけます。
無理しないよう、生活もあらためようと思います。


なまえ
Eメール
題名
URL
コメント
Color
パスワード


<-戻る

Copyright(C)2005 Global IT Office