GlobalITOffce |  真理の法 | 対策は始まった | 正 HP | こころはあるビデオ | こころの翻訳(例) 釈迦クラブ


こころの授業11 こころと決まり、ルール、マントラ  ALL 2013/01/14(Mon)10:55:15 削除
em117-55-68-170.emobile.ad.jp 
       連休で公私ともにお忙しい中でも、
みなさんが、一生懸命考えられたことが伺えます。
ありがとうございました。

こころの授業10の答えは、マタイがいうことが
正解であると伝える。曖昧な答えでなく、明快に
答えている。この答えを明快に与えることこそが
必要なことであり、どこまで私を理解しているの
かの証明であります。この答えこそ、基礎的な、
最も重要な悟りでもあるからです。曖昧でなく確
固とした理由があることをまず理解しておいて下
さい。

さて、解説に入りましょう。

マタイの回答
====>アル様が唱えられてます、宇宙の真理
は、心の働きを含め、言葉にしましても、全て、
ルール、決まりがあり、存在出来るものと、私は、
理解しております。以前、マウリサ様が、感謝の
意を表しますは、感謝にはならないと、動画でお
っしゃっていられたのを思い出します。
ありがとうございます、ありがとうございました、
というフレーズそのものがマントラになっている、
と。

私の答え
=====>まったく、その通りです。
フレーズそのものがマントラになっているのだ。
フレーズそのものとは、言葉の並びそのものでさえ
決まりがあり、ルールがあると私はあらゆる場所で
伝えている。例えば、ABCDEFG という並び
をフレーズとし、そのものの並びが来た時に、力が
発動されるとルール化したとする。ルール化された
内容は、宇宙の真理の一つと呼ぶ。つまり、いかな
る時にでも、実現力のある、現実化できるという決
まり、ルールなのだ。しかし、その並びやルールを
無視し変更し、GBCDEFAとしたらどうだろう?

そのルールではない故適合しない、実現力はなくな
るのだ。のみならず、人間はさらに、このようにい
うのだと、間違ったルールを信じて唱えてしまうと、

マタイの答え
=====>
それを、踏まえて、言葉の簡略化、ダジャレなどの
言葉の乱れは、宇宙の真理から外れる、もしくは、
心そのものを乱す、という事になると思われます。

私の答え
=====>
まさに、マタイの答え、そのものに向かうのだ。
これがフィルターとなり、宇宙に造った真理という
ルール集そのものをフィルターが阻害することにな
るのだ。

この悟りは、さらには、次の推論を正しく結論に導
くのだ。ABCDEFGを遺伝子の並びと考えると
どうだろう?そこに重要な意味を持たせて人類のD
NA(ゲノム)を造っていると考えると、その並び
を変える遺伝子置き換え技術やクローン技術そのも
のも、遺伝子にさわり遺伝子を変える人間の行為は
決してしてはいけない行為であり、「人類の無知ゆ
えの行いである」と許されることでは、もはやない
だろう!!!!!

故に、「人間がしてはいけないこと」のひとつと伝
えているのだよ。

同様にして、原子の並びに意味があるとしたら、原
子力発電を含む原子の研究や、原子の並びに存在し
ない放射能そのものの発生させる原子力開発技術も
してはいけないことになるだろう!!!!!!!!

だから、これもしてはいけないことの一つなのだ。

宇宙にでることも、地球の範疇でルールがあるとす
れば、宇宙開発といって、地球を離れてはいけない
のだ。生きてはいけないのだ。

かってに、人間がしてはいけないことであると伝え
ているのではない。はっきりと明白な、主として伝
えるべきその重要な意味があるのだ。



この答えを与えることが、すなわち、我存在アルが
まさに、天地創造主であり、すべての創造主だと証
明できるだろう!!!!!!!!!!!!!!!!

と考えれば、もっとも重要な悟りであることも理解
できるであろう。

どう、解りましたか?

あと、人間が扱ってはいけない二次元図形(絵柄)
や、三次元立体構造物などもあるのだ。

私は、だから、世界各地に出向き、ひとつひとつ、
その場所に行ってはその定義を修正してきたのだ。
ひとつひとつだ。万能の対策はない。簡素な対策
もない、ひとつひとつだ。手間がかかったが、す
べてを修正できた。世界各地に行っている動画や
写真を見て、「あちこち行っていいな?」とねた
んでいるかつての、輩がいたが、まったく目的を
理解していない。私を主であると想定すれば、毎
日遊びまわることは有り得ないだろう!人間では
ないのだから。どんないなかであろうが、山の上
であろうが、地底であろうが、海底であろうが、
だから私自身が出向き、修正し対策したのだよ。

解りましたか?



最初に戻る