GlobalITOffce |  真理の法 | 対策は始まった | 正 HP | こころはあるビデオ | こころの翻訳(例) 釈迦クラブ


こころの授業103 こころと生きた知識  アラー 2015/05/27(Wed)04:17:25 削除
git-pc 
君たち、今の年齢でいうと四十代までの子供は、仮想で学び、知識を
増やし、書き物や、議論はできるようになったが、まったく、社会には
役には立たないのだ。


君たちは、仮想の知識を学ぶことだけでなく、生きた知識を学ぶ必要
があるのだ。

一例を示せば、
たとえば、働くという言葉を聞いて覚えたとしても、実際の
社会では、まったく、役には立たないのだよ。
働くという言葉の裏には、君たちが学ばなかった次のような
項目が隠されている。

まず、住むところはどうするか?
転入する?転出する?不動産はどうする?
不動産利用するための、保証人はどうする?
会社員?自営業?事業開始の手続きはどうする?
所定の税務署はどこか?どういう手続きがいるのか?
どうやって売り上げる。資金はどうする?運転資金はどうする?
メイン銀行はどうする?弁護士、税理士はどこに頼む。
どうやって頼む。

ご近所さんと関わる、挨拶はどうするか?
毎日、会話し挨拶し、関わりながら、動くのだ。身体を動かせば
筋肉の中に酢酸が生まれ、限界が来る。休息はどうする?
災害が起きれば、どうする?どこに申告する?

などなど、生きた知識は、あるが、君たちにはまったくこのような
生きた知識がない。だから、社会ではまったく通用しない。

独立して、自立している者は、このようなことはみんな、
知っていて生きているのだよ。君たちはこのような意味すらわからない。

免許証があれば、単純に車が運転できると思っているだろう?
ところが、運転するには、走る道の状況、信号機の状況、
ひとの流れ、道幅、車種の分析、最適スピード、安全スピード?
車の重さ、ハンドルの重さ、回転半径、エンジンの馬力、
ガソリンスタンドの位置、ガソリンタンクの位置や、開け方
締め方など。必要な項目は、山ほどあり、それを覚えて使いこなす
者でさえ、確率的に事故の確率があり、事故を起こしたら、どこに
どのように連絡するか、保険会社をどう選択して、契約し、
振込をそうする?などなど。

もう、言わなくても、いいだろう?
独り立ちできるとは、このような一人でも生きていけるための、
本当の意味の生きた知識がないと、いけないのだよ。
まったく、そのようなことが必要だとも、まったく、意識すら
していないのがみなさんの現状だろう?どう?

生きるということだけでも。沢山の項目があるのだ。
親が死んだらどうするか?などもね。



君たち四十代までの子供は、仮想で学び、
知識や書き物はできるようになったが、
生きた知識を学ぶ必要があるのだ。

働くとは、必ずひとと、関わるのだ。
ひとと関われば、ひとから評価され、
命令され、当然、強制されるのだ。
それに、慣れていくこと。これも、
生きた知識なのだ。
仮想ではない、実際の現実の社会で
すべてを経験していく、これが、
必要なことです。いいですね。


最初に戻る