GlobalITOffce |  真理の法 | 対策は始まった | 正 HP | こころはあるビデオ | こころの翻訳(例) 釈迦クラブ


人類の救済方法5 正しい知識ー神と悪魔は同じ  アラー 2015/08/31(Mon)05:57:54 削除
lightpc 
いづれ判るゆえに、知れる前に、私が解説しよう。
youtubeでも解説していたので、知るお弟子さんもいるかも知れませんが、
人類の歴史のなかで、神は人間を殺してなんぼ、の時代があったのです。
人間からすると良い事をしてくれるのが神であり、悪い事をするのが悪魔
であるとしたい常識「これが非常識ですが」があった故に、無理に悪魔という呼び方をしていますが、造った主から言うと、神と悪魔は同じです。
いまは、天界、魔界という二つの世界を造っていますが、もともとは1つで
天魔界としていました。神も悪魔も同じで区別はありません。
人間を殺してなんぼ、どころではなく、人間を食べていました。えー、と言って気分が悪くなるかもしれませんね。世界各地に証拠の遺跡は沢山
あります。人間が農耕に牛を使いながら、牛の肉を食べるのと同じだ。
神の餌が人間だったのだ。霊界の餌も人間です。
あまりに、この現象がひどくなり、賭けをして負けた者を食べるなど
「いつの時代も箍が外れるものだ」。これを嘆いて、私は、神から
人間を殺せる力と権威を取り去りました。

だから主である私にも、直接的には人間を殺す事ができなくなりました。
故に、憎々しいアライカイトや、ルイカブトなどに鉄槌が与えられない
のです。病気にしたり、天変地異では、殺せます。
悪魔も神も同じで、だから私が造ったり、呼んだり、消滅させたりできる
のです。驚きましたか?

だから幸いと人間の人口は爆発的に増えました。1950年には、25億人
でした。いまは、70億、100億になれば、食料が尽きるので、いづれに
しても人間は滅びますがね。そのうち、非常識な人間は、ジャンケンで
まけた方が死ぬということを始めるかもしれんなあ。

人間に慈悲から火を与えたり、餌にならないようにしたのが間違いだった
かもしれないと思っている。人間は付け上がったままだ。神に食わせれば
よかったかもな。

これが、真実だ。私が如何に人間をかばっているか判る?





最初に戻る