GlobalITOffce |  真理の法 | 対策は始まった | 正 HP | こころはあるビデオ | こころの翻訳(例) 釈迦クラブ


こころの授業13 こころと血族について  ALL 2013/01/24(Thu)11:45:59 削除
s2310102.xgsspn.imtp.tachikawa.spmode.ne.jp 
こころの授業13 こころと血族についてです。
-----------------------------------------------
 みなさん人類の実体は、霊界にいる霊体であるということは、すでに
我存在アルの法話や、経典や、PDF、HP情報で、ご存知の通りです。

そして霊界は、地球と火星にありますが、みなさんは、過去に火星の霊
界から私たちが地球の霊界を造り転居させた
のです。これも、YouTube
にある通りです。

そして、続けて解説するならば、徳を磨く上で、絶好の不自由な環境を
人間界(今の人間の住む世界)として造り、9割を人間界に降りた1割
を助けるものとして霊界に残して生活しています。つまり、みなさんは
今の人間の住む世界と、霊界を(別人格として)同時に生きて居ます

霊界にいるあなたは、人間界よりも高いレベル(高み)にいるあなたな
ので、高いところ=ハイヤー、自分=セルフ、ハイヤーセルフと呼びま
す。覚えておいてくださいね。重要なことです。人間界にいるあなたを
導くものとしての働き、仕事があります。右脳を研ぎ澄ませば、導きを
受けることがあります。左脳を使っている場合には、導きが伝わらない。

霊界にいるあなたは、人間の住む世界にいるあなたよりも数段能力の高
いあなたです。霊界にいるあなたは物理的な制約を受けないあなたとな
っています。望みの通りのことができます。故に、徳を磨くことが難し
いのです。


================================================================
さて、その霊界では、個人個人の生活の場ができています。もともと霊
は、ひとりづつ
なのです。親子、孫などの関係はありません。そのよう
な無関係な人間の実体が人間界に人間として降りる場合には、集団の位
置づけが難しい故に、家族という単位を、祖父母から両親、子、孫とい
う関係の中で考え、悩み、喜び、怒り、進んで行けるように血族という
単位を考えました。人間の世界では、家族、血族の単位は重要ですが、
それはあくまで、肉体的な特質を受け継ぐものとしては重要ですが、
体の特質としては、まったく、なんの関係もありません。


分かりやすくいいますと、「劇団員が、家族を演じている」というと分
かりやすいかとも思います。死して霊界に戻れば、だいたい、人間の世
界での関係は捨てられ、とっとと霊界に戻り、顔見知りの方と、感性が
会う方と一緒に暮らします。

だから、人間の時のしがらみに、固執する必要はまったくありませんし
それを考えての次の世界での生活であってはなりません。このことが重
要なことです。子供だからとか、親だからとかは、霊界ではまったく意
味を成しません。なぜなら、なんどもなんども霊は生まれ変わっている
のですから。誰が年上、年下など意味がないでしょう!!!

一番年上は、私、我存在アルです。創造主ですからね。

----------------------------------------------------------------
物理的な制約(今の人間のいる世界)
----------------------------------------------------------------
 生きていくうえで、衣食住など物理的な要素が必要です。
生き方が、宇宙の真理に沿っていない場合には、病気が現れ
不調和を知らせるようにしている。

また、重力など人間で生きるときに必要となる要素を、世界
の創造の時から、宇宙の真理、 法として、すべての時空間
すべての銀河、すべての宇宙に配置している。
この状態を「空」と呼ぶ。



----------------------------------------------------------------
「空」(!重要!)とはなにか
----------------------------------------------------------------
 「空」とは、宇宙の真理の1つの状態を示すものです。
そこには、まったくなにもないように見えるが、実は必要な
要素(=素粒子や時間粒子や法、)を創造の時に配置してい
る。人間はなにも知らない故に、なにもないとしていますが
そうではありません。例えば、宇宙空間を光は伝わるものと
して認識していますが、創造の時に、宇宙空間には、光を伝
える、伝搬する素粒子を配置しています。だから、光が宇宙
を流れ届くのです。当たり前と言えば、いたって、当たり前
だよね。重要なことは、「空」に、私の言葉や想念=マント
ラを超高速に伝搬する仕組み、宇宙の真理が大きな立体的な
帯の流れとなって超高速に流れる仕掛け、真理を常に守り実
行する仕掛けを造っています。真理の変更や追加は、天地創
造主しかできないようにしています。

だからこそ、私、我存在アルが天地創造主であり、すべてを
創造した主であるということであり、それを証明できるので
す。対策なども全宇宙に行うことができるのです。時空間の
未来から過去へもマントラを発動できる。次元の異なるパラ
レルワールドや、過去にあった妄想の世界にまで。



----------------------------------------------------------------
「対極」(!重要!)とはなにか
----------------------------------------------------------------
主はいつも対極を造る。重力素粒子を造れば、同時に反重力
素粒子を造る。物質を造れば反物質を造っている。この対極
が同時に存在すれば、±ゼロ、つまり、0=零とみなせる状
態、「空」の状態となるのだ。なにもないではなく、いっぱ
いあるのだ。初めからね。反重力素粒子などを使って奇蹟を
見せられる。一部、YouTube動画に重力操作について
載せているだろう!

重力素粒子があるから重力があるわけではない。
特定の素粒子に、。。。。。のルールを付けると、法を定義
しているから、あのように素粒子が動く=振る舞うのだ。
だから、その属性を反転させれば、例えば、物と物が引き合
わず、離れていく、そのような重力もすぐできることが想像
できるだろう。水をお茶に変えたり、ワインにしたり、ビー
ルにできる意味がここに明白となったろう。同様に、寿命を
変えたり、遺伝子を変えたり簡単にできる意味が解るだろう。

これも、主についての大きな悟りである。だから、主にでき
ないことは一切ない。









最初に戻る