GlobalITOffce |  真理の法 | 対策は始まった | 正 HP | こころはあるビデオ | こころの翻訳(例) 釈迦クラブ


こころの授業20 こころと建て前  ALL Home 2013/03/05(Tue)00:20:02 削除
em1-115-193-177.pool.e-mobile.ne.jp 
こころの授業20 こころと建て前についてです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

何が起こるのか?
==============
 いまの人間界、つまり、突然合った人や、余りよく知らない人
はたまた、同じ会社の同僚や部下、上司に、「私は神がついてい
て神の声が聞こえるんです。私は、常に神の導きに従って生きて
います」などと、話をしたらどうだろう。

何が今後起こるだろう。
例え、話している内容がまったく正しいことであってもだ。
あのひとは、おかしい人だ、というレッテルをすぐに貼られる
だろうと予想できる。いまの人間界はそんなところなのだ。

左脳と右脳の使い分け
===================
残念ながら、相手を見極めて神の話しをする必要があります。
すくなくとも、相手が、神の存在を信じ、神にすがりたい、
従いたいと考える、慈悲深いと見える人以外には、話しては
いけません。つまり、左脳と右脳を使い分ける必要があります。
例え、相手から、話してほしいというリクエストがあっても、
話してはいけません。さもなければ、あなたは、職場の生け贄
にされ、あなたの生きる立場がなくなります。いいですね。
相手を見極めるよりも、相当相手と親しくなければ、だめ
です。

先の授業で伝えましたが、人間界では左脳を、基準のこころと
道徳は右脳で考える必要があり、経過は、こころで感じながら
成り行きを見守る必要があります。こころが痛めば、左脳の判
断も修正をかけるのです。いいですね。


最初に戻る