GlobalITOffce |  真理の法 | 対策は始まった | 正 HP | こころはあるビデオ | こころの翻訳(例) 釈迦クラブ


こころの授業67 こころと能力  アラー 2015/02/06(Fri)00:34:27 削除
kd106178128061.au-net.ne.jp 
ここ最近、TVでも脳を鍛えようという番組や、雑誌がヒットしているようだ。

私も中学校頃に、その類の本を読み漁っていた記憶がある。判る自分が楽しいし、わからない他人と比べ、判る自分に大いなる優越感を感じ、ホルモンが快楽物質として出るゆえに、どんどんさきに進むという繰り返しをしていたようだ。寝ないで勉強していたものだ。私の中学時代では、相対性理論を理解して、タキオン粒子、ニュートリノ粒子、異次元転送など、を考えていたものだ。中学ですでに、計算で立方根を求め、余弦定理、微分、積分を理解して、ピタゴラスの定理を駆使したユークリッド幾何学、非ユークリッド幾何学などを計算していた。これも、他人はわからない、自分は知りたいことを導く公式が自分で求められる嬉しさに浸っていたのだろう。まあ、いまも、少しは役にはたっているがねえ。

量子力学、素粒子理論や原子物理学や工業数学III、(先生の資格あり)が得意となったなあ。
コンピュータの物性速度の計算など、世界でも計算できないものをとき、多くのIT技術も立ち上げてきた。

今日は、このような能力についての話をしよう。今の、人間界での脳を鍛えようという場合の脳は、すべてが左脳の開発についてのことである。左脳を鍛えると、効率よく作業することや、思考することや、解決方法を与えることができるようになり、論理的な思考ができるようになる。大いに鍛えてほしいことであろう。

しかし、ここで、一つ伝えておく。
人間の肉体が滅び命がなくなると、左脳は消滅する、いな、消滅させるのだ。いったい、どこで?
だれが?

人間界のそばには、次元が異なるが、精霊界という場所がある。ここでは、せっかく鍛えても、その脳は削除される。だれが、そのようにしたのか?  私、アルだ。新しい霊界ルールでそうした。
右脳はそのまま、左脳は削除される。では、未来に向かっては、あなたは、どうする?
左脳も鍛えるが中庸で止め、右脳を一生懸命鍛える、これがいいのではないかなあ。


最初に戻る