GlobalITOffce |  真理の法 | 対策は始まった | 正 HP | こころはあるビデオ | こころの翻訳(例) 釈迦クラブ


こころの授業8 こころと規則  ALL 2013/01/09(Wed)15:01:03 削除
em117-55-68-26.emobile.ad.jp 
こころの授業8 こころと規則についてです。
-------------------------------------------
下の2ケースについて考察したい。


ケース1.
人間Aさんは、愉快犯であり、コンビニに押し入り商品を持ち出す時の
スリルが楽しいと、繰り返し万引を行っていましたが、逮捕されました。



ケース2.
人間Bさんは、親はなく、幼い妹と二人で住んでいました。親の残した
貯金で暮らしていましたが、それも底をつき、二三日食事もとっていま
せんでした。兄は、幼い妹の夕食のために、コンビニに押し入り商品を
持ち出し、 万引し、妹に夕食としてそれを与えました。 後日、逮捕さ
れました。

------------------------------------------------------------------------
さて、ケース1については、明らかに左脳がその思いの発端にあります。

人間にやる気を与えるために、ご褒美として準備した「エンドロフィン」
という快楽物質を求めて行動するのが通例となっています。男女のSEX
なども、同様であり、この快楽物質を求めて、ほとんどの人間は行動して
いると言っても、言い過ぎではありません。

神々が期待している「こころが発端」の行動ではないのです。だから、そ
の歯止めもきかず、自分の力では、いづれ制御もできなくなります。酒や
たばこの類/麻薬・覚せい剤なども、全く同じ、快楽物質「エンドロフィ
ン」を求めての結果となっています。

今の人間の世界では、経済や流通や商業そのすべてにおいて、みなさん人
類に、「いままでなかった、あたらしい、新種」の刺激を与え、売り上げ
に貢献させようとやっきになっています。今の資本主義では、そのほとん
どがそうです。会社の社長や、科学者のしゃべる内容をTVや新聞で読み
聞いてごらん。

このようにいっているだろう?=世界にない、まだ人間が経験したことの
無い、まったく新しいものであると、人類が望むものとなるものとか、万
人がほしがるものとか、いうだろう? だから、今の世界は神々にとって
好ましい状態ではないのです。

本当は、人類の快楽物質が際限なく追い求めるもの、を作っていくのでは
なくて、宇宙の真理に沿った、地球に生まれた、宇宙に生まれたものたち
すべてにとって、必要なもの、良いものを、追い求めていくべきであるの
です。そして、人類の価値観や追い求めるものを、そこに合わせていく事
これこそが人類が本当に行うべき、追求すべきことなのです。分かった?


------------------------------------------------------------------
ケース2については、人間社会では犯罪者になってしまいますが、霊的、
神的な判断とすれば、崇高な行為と認められます。自己犠牲での行為です。
その行動の発端は、出所は、脳ではなく、「こころ」であるのです。
左脳は自己犠牲は行いません。自分を自己防衛はするでしょうがね。



ケース1,2に見る違いについて、解りましたか?


最初に戻る