GlobalITOffce |  真理の法 | 対策は始まった | 正 HP | こころはあるビデオ | こころの翻訳(例) 釈迦クラブ


こころの授業80 こころと便利と欠落  アラー 2015/03/27(Fri)14:40:46 削除
ai126155056203.29.access-internet.ne.jp 
みなさんも、便利な世の中になって来たと思っているだろう。
今日は、本当はそうではないことを、ここに述べよう。

ワードプロセッサ、ワープロのことです。私たちが作ってきた
んですが、それは、欠点を補う為でした。字の汚さです。それ
とて、私からすると、本来、上手になろうと努力しないものが
なにを言っているということなのですがね。はじめから、綺麗
に書ける人なんていませんからねえ。いい大人が、小学生の書
く字を書いていると、見るだけで情けないと思うよ、本当に。
大いにそんな方は反省して、努力してほしいと思うよ。腕が、
手が使えない人はしょうがないが。

だから、本来、ワープロは最終段階の清書で使うものです。
手書きの、下書きは、相手のことを考え、思い、文章にしたた
める。そして、よい、文章が、誤解は生じないか?的確か?等
を吟味し、検討し、書き直し。これでよい、となってはじめて
字が下手なんだからしょうがなく、ワープロの出番となるのだ。

そこには、相手への思いや、文章表現での感情移入や、時々、
涙なども紙に落ちながら、綴ったものです。こころがありました。

今は、機械が文章を作ってくれます。相手への思いや感情は
不必要であり、思いは相手ではなく、ワープロの仕組みや、本体
機械に向けられているのです。今は下書きを紙に書く人はまずい
ないでしょう?いきなり、機械に向かって文章を打ち始めます。
これを、みなさんは、便利と呼んでいるんですよ。

違うでしょう?本質的に使い方が違うことが判りますか?
あなたたちの使い方で、失っているものが多くあります。
その一つは、相手への配慮や思い、という、こころです。
それを失っています。そして、その使い方を忘れ、いずれ、
使えなくなるのです。まったく、同じ例があります。
今話題になっているラインです。これには、私は関わって
いませんが、インターネットでのメイルや通販など、データ
通信の規格を作ったのは私ですから、大いに責任はあります
が、そのデータ通信の目的も、距離の遠さを無くす、という
目的のために作ったのが最初です。これについてもみなさんは
またもや、使い方を誤ってしまいました。

人と直接関わることを、うざいといい、やめ、面倒だという
理由で、部屋に籠り、実社会と関わらない。

開発当初は、人間がまさか、そんな横着な生き物に落ちるとは
思ってもいませんでしたよ。本当に。

あらためて、人間は堕落する方向にしかいかないものだ、と
再認識できました。全員がそうかというと、中には分別をする
ものがいましたが、そこは、人間得意の多数決で意見は消しさ
られ、間違った結論となる。宇宙の真理で、ろくよんの法則と
神が呼ぶ法則がある。4対6の法則、それも私が宇宙の真理と
して作った法則だ。自然発生的に派生するすべての自然現象は
その発生頻度は、2;3;3;2になる法則だ。数学的、統計
的には、ヒストグラムと人間が呼ぶ法則だ。両脇の2以下の場
所に正常な、正しい人が入るということだ。つまり、いつも、
無視される位置だね。中央の多くの人間は正しくない意見を持
っているので、間違った方向に群衆が導かれるのだ。おい、
そこの人間よ。これを知っていたか?弟子はHPで伝えているか
ら、すでに知っていよう。これが世界を崩したのだ。
正常なやりかたで結論を出し、進んできたから、間違いなどは
ないのだ。とね。神を舐めてなあ。ざまあないよね。
それでついに天罰だから、許してくれよね。一蓮托生だよ。
おうラインの話だ。ラインでは感情表現や言葉を発する必要が
ない。それを便利だと、バカ人間たちが思っているようだが。
ひとと合って話してこそ判る、あいての仕草や、互の駆け引き
また、段取りや都合の付け方など、大いに今の人間の煩わしい
めんどくさいと呼ぶまさに、そのやりくり、これこそが人間界で
必要であったもの。それをみなさんは見事に失った、そして、
まだ、ラインから抜け出せずにいる。そしてついに天罰だ。

笑えるねえ。人間よ。何回世界を壊し、ビッグバンをすればよい。
結論は、人間は、もう作らないということだ。わかるねえ?
天地創造主としての思いだよ。




最初に戻る